2015年04月17日

平成27年度予算の「創業・第二創業促進補助金」募集が開始されました

平成27年度予算の「創業・第二創業促進補助金」募集が4月13日より開始されました。 締切は5月8日金曜日必着であまり時間がありません。 補助上限は200万円補助率は2/3でこれまでどおりです。

【募集要項はこちら→ http://sogyo-hojo.jp/27th/docs/sogyosokushin_bosyu_youkou.pdf
【Q&Aはこちら→ http://sogyo-hojo.jp/27th/docs/sogyosokushin_bosyu_q_and_a.pdf】 
この説明会は広島では4月21日 (火) TKPガーデンシティ広島 パール であります。 
【参加申込フォームはこちら → https://sogyo-hojo.jp/27th/guidance/form/4

前回は早いうちに満員となり、追加の説明会もありませんでしたのでご注意ください。

ところで、今回の補助金は認定市区町村での起業のみ対象となっているので要注意です。 広島県では、 広島市、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、東広島市、廿日市市のみです。 安芸郡府中町に住民票があっても創業場所が広島市であればOKです。

アントレプラット広島(HELP)では無料相談を受け付けていますが、今回の27年度予算は金額が7億円しかないので、採択されるにはかなりの難関だと思います。

アントレプラット広島(HELP)
〒730-0035 広島市中区本通7−29 アイビービル7F
http://entre-p.jp/ 082-236-7867 担当:楫野(かじの)
posted by HELP STAFF at 11:41| Comment(0) | 日記

2015年03月01日

小規模事業者持続化補助金 公募(受付)開始されました

2月27日に「小規模事業者持続化補助金」の公募(受付)が開始され、一次受付の締切が平成27年3月27日(金)と発表されました。 第二次締切は平成27年5月27日(水)です。

小規模事業者持続化補助金(小規模事業者支援パッケージ事業)とは、小規模事業者のビジネスプランに基づく経営を推進するため、商工会・商工会議所と一体となって作成する持続的な経営に向けた経営計画に基づく販路開拓を支援する目的で設定された補助金です。

小規模事業者の定義は製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊娯楽業は除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

補助率は補助対象経費の2/3以内で補助額の上限は50万円ですが、@複数の事業者が連携した取組は500万円(連携する小規模事業者数による) A雇用増加・従業員の処遇改善・買い物弱者対策の取組を行う事業者に対しては上限100万円になります。

補助対象経費は次の通りで、人件費や家賃などは対象になりません。
1.機械装置等費、2.広報費、3.展示会等出展費、4.旅費、5.開発費、6.資料購入費、7.雑役務費、8.借料、9.専門家謝金、10.専門家旅費、11.車両購入費(買い物弱者対策の場合のみ)、12.委託費、13.外注費

正確な関連情報は http://h26.jizokukahojokin.info/ をご覧ください。

今回もたっぷりと予算がありますので、申請したらほぼ採択されるのではないかと思います。 住所地の商工会議所か商工会が窓口ですが、ちょっと敷居が高いかなと思われる方は、お気軽にアントレプラット広島(HELP) 082−236−7867 までご相談ください。 http://entre-p.jp/

posted by HELP STAFF at 23:00| Comment(0) | 日記

2015年02月15日

平成26年度補正の補助金 動き始めました

平成26年度補正「創業・第二創業促進補助金(創業者等支援事業)」及び平成27年度「創業・第二創業促進補助金」の募集要件が公表されました! 
公募は3月初旬とのことです。http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2015/150213Sogyo.htm

また、平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金については1次公募がスタートしました。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2015/150213mono.htm

いよいよ始動ですね。

創業補助金についての新しい動きとして、「産業競争力強化法に基づく認定市区町村への重点的な支援」という、ちょっと分かりにくい要素が入ってきました。

裏返して言うと、認定市区町村以外の人は不利な扱いになりますよ!ということです。

広島県で言えば、未認定の市区町村は広島県第2の都市である福山市を初め、呉市、三原市、大竹市、府中市、安芸府中町、海田町、熊野町、安芸高田市をはじめとする県北など、かなり広域に亘ります。
https://www.mirasapo.jp/starting/specialist/hiroshima.html

産業競争力強化法とは、市区町村を中心とした創業支援事業の取組みが促進されるよう市区町村において創業支援事業に関する計画を作成し、この計画を国が認定、支援するという仕組みですが、認定市町村がなかなか増えないことに業を煮やした中小企業庁の奇策?のような気がします。
あわてて認定を受けようとするのか?・・・・ ますます先行応募が有利になりそうですね。

もう一つ、前回と大きく異なる募集要件としては、募集開始日〜補助事業終了日の間に創業予定の方となっています。 前回同様に遡っての創業も対象になると信じて、すでに創業してしまった方は残念でした。

このように、補助金というものはきまぐれなので、応募できるチャンスがあれば後回しにせず、即対応が必要です。

補助金情報はアントレプラット広島(HELP)のホームページもご覧ください。
http://entre-p.jp/subsidy.html
posted by HELP STAFF at 00:44| Comment(0) | 日記