2015年02月15日

平成26年度補正の補助金 動き始めました

平成26年度補正「創業・第二創業促進補助金(創業者等支援事業)」及び平成27年度「創業・第二創業促進補助金」の募集要件が公表されました! 
公募は3月初旬とのことです。http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2015/150213Sogyo.htm

また、平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金については1次公募がスタートしました。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2015/150213mono.htm

いよいよ始動ですね。

創業補助金についての新しい動きとして、「産業競争力強化法に基づく認定市区町村への重点的な支援」という、ちょっと分かりにくい要素が入ってきました。

裏返して言うと、認定市区町村以外の人は不利な扱いになりますよ!ということです。

広島県で言えば、未認定の市区町村は広島県第2の都市である福山市を初め、呉市、三原市、大竹市、府中市、安芸府中町、海田町、熊野町、安芸高田市をはじめとする県北など、かなり広域に亘ります。
https://www.mirasapo.jp/starting/specialist/hiroshima.html

産業競争力強化法とは、市区町村を中心とした創業支援事業の取組みが促進されるよう市区町村において創業支援事業に関する計画を作成し、この計画を国が認定、支援するという仕組みですが、認定市町村がなかなか増えないことに業を煮やした中小企業庁の奇策?のような気がします。
あわてて認定を受けようとするのか?・・・・ ますます先行応募が有利になりそうですね。

もう一つ、前回と大きく異なる募集要件としては、募集開始日〜補助事業終了日の間に創業予定の方となっています。 前回同様に遡っての創業も対象になると信じて、すでに創業してしまった方は残念でした。

このように、補助金というものはきまぐれなので、応募できるチャンスがあれば後回しにせず、即対応が必要です。

補助金情報はアントレプラット広島(HELP)のホームページもご覧ください。
http://entre-p.jp/subsidy.html
posted by HELP STAFF at 00:44| Comment(0) | 日記